大人女子のサウナの入り方、最後をなんで終えるか【冷か温か】

  • URLをコピーしました!
目次

大人女子のサウナの入り方、最後をなんで終えるか【冷か温か】

好きな方で終わりましょう。

血行が良くなることを目的としているサウナは、最後にほてった体の熱をとり、発汗がおさまり、ぽかぽかして気持ちいいなぁと感じる状態で終わります。

あなたは、どちらで終えたらその状態になりますか?

私は、年齢と共に、冷えを感じる方が多いので、水風呂に入りすぎたりして、上がる時に寒い気がしたら、ざっと湯船に浸かるか温水シャワーで終えることが多いです。夏は、水風呂で終えることもあります。風邪をひかないように、上がる時の体の状態で変えています。

終わりにシャワーか水風呂で身体の熱をとります。

引用元/公益社団法人 日本サウナ・スパ協会のサイトより


大人女子のサウナは気持ちよく入って継続する方がいい

無理せずしっかり体を温めて、体の芯まで冷やしすぎないようにすれば、暑さにも冷たさにも体が慣れて、だんだんと強くなっていきます。夏バテしない、冬の寒さでも風邪をひきにくい健康な体になるということです。

しかし、自律神経が乱れていたり、極度な冷え性だったりすると、恒常性の作用がうまく働かず、体温がなかなか上がらなくて寒く感じて不快だったり風邪をひいて体調を崩してしまったりします。

体温を上げて(交感神経優位)

サウナに入って体温が上がると、汗をかきます。

体は、その汗を蒸発させて体の表面の温度を下げることで、体温を正常値まで下げようとします。それでもサウナに入り続けると、もっと体温を下げようと、体は運動をしたように心拍数を上げて、一生懸命に汗をかきます。

何度のサウナで、何分入ると気持ちの良い汗をかけるのかは、人によって違います。

体温を下げて(交感神経優位)

サウナの後の水風呂は、体の表面の温度を一気に下げます。
水風呂の体の芯まで冷え切らないちょうど良い何度や時間は、人によって違います。

水風呂に入って表面を冷やしていても、体温を正常に保とうとする体は、体の中からポカポカと体温を上げます。
これを感じることもまた、サウナで感じる気持ち良さです。

ゆっくり休んでポカポカを感じながらリラックス(副交感神経優位)

温めたり冷やされたりの刺激と、体と脳を休ませてリラックス状態の繰り返しは、自律神経を整えます。

リラックスできる環境は、人によって違います。
ある人の気持ち良さが違う人の気持ち良さとは限りません。

自分が気持ち良いと感じる終わり方をして、サウナは気持ちいいなぁ〜と思って、継続した方が体にいいです。

まとめー大人女子のサウナの入り方で、最後をなんで終えるか【冷か温か】

最後に、ほてった体の熱が取れていれば、どっちでも良いです。

ほてったままの汗が流れているような状態は、かえって体を冷やしてしまうので注意しなくてはなりません。
かといって、体を冷やしすぎて寒いと感じるようでは同じように風邪をひいてしまいます。

お風呂やサウナは、体を温めて血行を良くすることが目的です。
自分が気持ち良いと感じる方で終えましょう。

家に帰った後でも、体がポカポカと温まっていて、気持ちの良い状態で眠りにつきたいですね。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる