只今SWELLで変更中SWELLとは

登山に持っていきたいオススメ7つの行動食

登山者男性

登山の時、どんな行動食食べてるの?

そんな気になる疑問に答えます。

この記事を読めば、山に持っていくのに便利な行動食がわかります。

目次

登山に持っていきたいオススメ7つの行動食

柿ピー(ペットボトルに入れる)

イチオシは、美味しさ、価格の安定から柿の種とピーナッツのお菓子、柿ピーです。

柿の種は米のお菓子なので、糖質に優れています。

ピーナッツは脂質を含み、この二つが入ってる柿ピーはペットボトルに入れて持ち運びます。

持ち歩きやすさ、食べやすさ、さらに日持ちや価格の面からも最高の行動食です。

百名山、二百名山制覇をした田中陽希さんも柿の種良く食べていましたね。500mlのペットボトル満杯で1000カロリーくらいです。

https://amzn.to/3bT3IYM

カントリーマアム

一枚で約57kcalでとても軽く、しっとりして飲み込みやすいカントリーマアムは、山の行動食としても最適です。

そして、夏の暑い日も溶けませんし、極寒の冬も凍りません。小袋に入っているので、ポケットにも入れやすいです。

https://amzn.to/3sBhDbX

小粒のあられ(ジープロックに入れる)

糖質も豊富で塩気もあるのでミネラル の補給にも重宝します。小粒の塩あられは山では最高に美味しいです。

https://amzn.to/3qBb5bI

種ぬき梅干し(無印が酸っぱくてオススメ)

気分転換になり、カロリーの補給にはあまりなりませんが、ミネラル が多く含まれていて、疲労回復に効果があります。

https://www.muji.com/jp/ja/store/cmdty/detail/4550182147926

トレイルミックス・グラノーラ

日持ちのいいドライフルーツは糖質が多く、脂質のナッツと組み合わせたトレイルミックスは行動食には良いですね。

なかなかスーパーやコンビニに売っていませんが、少し粒が細かくなりますがフルーツグラノーラが同じようなバランスの栄養素が含まれています。

350くらいのペットボトルかフリーザーバッグに入れて持ち歩きます。

https://amzn.to/3oTWQOy
https://amzn.to/39Khhaq

エナジージェル(事前に食べて気持ち悪くならないか調べてから持っていくこと)

荷物がかさばらなくて便利な高エネルギーのジェル

人によって血糖値が上がりやすく急降下しやすい人は低血糖で体調崩す場合があるので、日頃から食して体に合うか練習時に持っていって下さい。具合が悪くなったり、胃が受け付けない人もいます。

すぐにエネルギーになるので、体に合う人は、トレイルランニングなど、荷物を極力減らしたいときに、ゼリーだけを行動食にする人もいます。

https://amzn.to/2NkBYlJ

果物(ミニトマトやブドウ、みかん、バナナ)

水分が多く、年配の女性に人気の水分の多い行動食。水分補給と気分転換、疲労回復になります。糖質やミネラルの補給と考えると少し弱く、持ち歩きや日持ちの面でも他には劣ります。

それでも、山でお裾分けいただくと、とても美味しいです。

行動食を取る目安がわかるサイト

行動中のエネルギー消費量は、コース定数×(体重+ザックの重さ)で計算します。

コース定数はヤマケイオンラインでわかります。

1.8×行動時間(h)+0.3×歩行距離(km)+10.0×登りの累積標高差+0.6×下りの標高差(km)=コース定数

引用元/ヤマケイオンライン

まとめ【運動量の多い山歩きでは、エネルギー補給に行動食は大事です】

行動食は大事です。

水分だけではエネルギーが枯れてしまい、いわゆるシャリバテという状態になって動けなくなってしまいます。

エネルギーとなる糖質。そして、汗で流れ出てしまうミネラルなどの栄養素も補給できる行動食を組み合わせて携帯しましょう。

また、クエン酸のように酸っぱいものは、気分転換や疲労回復に効果的です。

この他にも、シリアルや栄養素がバーになっているものや、携帯の羊羹などもあります。

自分の好きな行動食は、美味しく楽しく、安全な登山の助けとなるでしょう。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる